数学と感性

再びpallaです。横からおじゃまいたします。ダイヤグラムの話題をうけて蛇足をばっ。
数学のフラクタル、複雑系といった話と人の創作活動とのリンクが、そのことについて、ひとつの面白い見解をもたらしてくれるかもしれない。創作するときの判断基準となる美的感覚?エレガンス?問題意識に対する直感?といった至極あいまいなものが、実はなんらかの数学的な旋律をもっている可能性が高いという話。

20041109-symmetry2-1.jpg

数学がフラクタル、複雑系という世界に突入しているのは、コンピューターの(特にPC)のおかげというのもあるだろうけど、その世界を「見よう」としたひとが登場したことも大きい。たとえばフラクタル図像は、予測不能としかいえないある意味ランダムな挙動を示す、数学的に扱うには厄介な式において、ある任意の係数を当てはめたときに偶然出来上がった図像であり、そのとき各係数は、たとえばPCに描かせた軌跡が、なんだか気持ちいいと人が判断した時点でFixされる。それはその時点では偶然に発見された何の根拠もない任意の値でしかない。数学者は数学の描く軌跡(実際にはPCが描く図像)を絵画のように鑑賞し始めた。そうしてコレクションされた図像により、任意に思われたその数値がある値に収束していくように見えることを発見する。それが数学的旋律を持つことが明らかになってきたのだ。とすると逆の方向からも攻めることが可能になる。たとえばその応用としてデータ圧縮技術がある。それはDNAの解読や人工知能の可能性に展開していく。しかしこれは完全な複製を作り出すことを目標としたものではない(当然できない)。人間の知性が複製をそれらしく感じれるかどうかが判断基準となるのだ。
こういう流れでいくと、この話は個々人の内面にこそ隠された鍵があるはずだとして、それを探る方向に行きかねないんだろうけど、創作活動している実感として、まったく逆方向の印象が私にはある。ひたすら無数の偶然に左右されていて個人が何らかの判断を下している感覚にはならないのだ。その偶然は何らかの外的な必然性なんだという気分だけが創作のテンションを保っている。
推測するに、前提として、主体の内面世界に唯一の鍵なんてものは存在しないとしたほうがいいのかもしれない。代わりに外の世界にどんどんリンクしていく柔軟性といったものががそれを支えている。唯一の鍵は存在しないので完全なモノは出来上がらないが、リンクが張り巡らされた状態がなんとなく目指す創造物を浮かび上がらせることは可能なはずだ。

自転車(テスト投稿)

今日は自転車に乗って買い物三昧でした。往復10キロ近く走るとさすがに汗かくね。緑とレンガのコントラストが実に心地よくできてて、ボストンってきれいな町だなあと改めて関心。ひねくれ者の私目にはその生暖かさが今日の世界の縮図になりうるようなリアリティを著しく欠いている気がして、今ひとつ惚れ込めないのだけど。
こうして自転車に乗ってみると、コンパクトなデジカメがあればナアと感じた。
イオスは携帯するには少しかさばるサイズ。pallalinkにリンクしてるウェブ写真家はどんなカメラを使っているのだろう?