Judd Tour: ダラス編(3) Nasher Sculpture Center/カーンの鏡像

 この美術館はピアノの前作のメニル美術館(ヒューストン)やバイヤー美術館(スイス・バーゼル)の発展型ともいえるが、実はこの建物にはデザインのベースとなった先例がある。フォートワースにあるルイス・カーン設計のキンベル美術館。ともにアーチ屋根を反復させた壁構造の空間で、トラバーチンで仕上げられた壁、屋根から浸透する自然光、低く抑えられた建物高さ、規則的に整列した植樹、隣接する庭園との連続性など、共通する項目は意外に多い。
20041003-kahn1.jpg

20041003-kahn2.jpg

 ただそれが全く同様な形で表現されているわけではない。カーンは厚いマッスをナイフで切断してつくられたような中庭や部材間の空隙に光が射し込む内向的で密実な空間を求めた。一方、ダラス/フォートワースという空港を挟んで対称的な位置関係の中で、ピアノはそれをことごとく反転し、建物周囲の庭園や都市に延びる遠心的な空間、霧のように均質な光が充満した空間を実現している。カーンがキンベルを設計していた頃、ピアノはカーンの事務所に在籍していたこともある。二人がともに建物の原イメージを古代の廃墟に求めたことは、偶然ではないだろう。
 最後に、アートのための空間として本当に成り立っているのかどうかが気になる。内外の連続性の強い光の体験そのものは建築的非常に唸らせるものがあるが、一方でそこに置かれる作品を見ると、やはりジャッドのチナティのように展示される作品にオーラが現れているわけでもなく、フラットな光のものとで一様に居場所もなく彫刻が展示される様子は、美術館の従来の展示と比べてそれほど大きな変化があるわけではないのが気になる。
 チリの建築家Alejandro Aravenaは建築とそこに介在する事象との相互関係の重要さをこう指摘する。
Like a window, from one side, it should be able to be seen and judged as an architectural element, as a word of an architectural language and it should be able to resist that inquiry; but from another side, it’s final purpose should be to disappear and let the view and the air go through it, allowing us to focus on everything that is not the window itself. [gsd.harvard.edu]
 物体としての存在を消すことで強く存在が浮上する、そんな空間のあり方があるのかもしれない。

Judd Tour: ダラス編(2) Nasher Sculpture Center/カーンの鏡像

 レンゾ・ピアノとLandscape architectのピーター・ウォーカーが協働して設計したNasher Sculpture Centerの敷地は、もともとは駐車場だった。それをダラス郊外に住むモダン彫刻の収集家Nasher氏がこの敷地を買い取り、美術館を建てて自宅のコレクションを公開している。
20040930-dallas2.jpg

20040930-dallas4.jpg20040930-dallas5.jpg

 コレクションはリチャード・セラ、カルダー、ジャコメッティ、カロ、ヘンリー・ムーア、ジェームズ・タレルなどが建物内外に置かれ、それだけでも十分魅力を持っているが、建物と庭園もまたしかり。ただアジア系の身元不明人が彫刻にも目もくれず建物に眼を配り、サッシや壁をなで回しながらうろうろと歩き回るのは相当異様だったらしく、友人は警備員になかば尾行されながら館内を堪能していた。
 ロケーションは巧みに建物のデザインに活かされている。平屋に低く抑えられた建物は水平に伸びやかで、背後の高層ビルと好対照をなしている。また開放的なガラスのエントランスは市立美術館と隣接してアクセスを強めており、イベントを共同したり、さまざまな活動を可能にしている。そうした解放性がこの建物の主要なテーマとなってデザインの隅々にまで徹底されている。
 ピアノは建物と庭園、そして周囲の環境を切れ目なくつなげるために、透明なガラスカーテンウォールとガラス屋根をかけ、光が充満した空間にしている。ガラス屋根には特注の有孔アルミパネルがカバーされている。孔はフジツボのような形に3次元加工され、南側を向いたとき開口率は最小限になり、北側、つまり庭園側に視線を向けたとき、透明感が最大となって安定した自然光を室内に確保している。

20040930-dallas6.jpg20040930-dallas7.jpg

 構造デザインはオーヴアラップが担当し、繊細なステンレスロッドで吊られた10mスパン、奥行40mが5ユニット連なる屋根は信じられないほど薄い構造体になっている。この薄さが可能になったのは、一つは屋根がアーチ型断面だということで、もう一つは屋根を受ける鉄骨造の壁が鉛直荷重と水平荷重を十分受けているからということは言えるだろう。さらに壁は両側から均等に屋根の引張り荷重を受けるからだろうか、想像以上に薄く、心地よいスケール感、そして作者の名前に劣らぬリズム感を醸し出している。
 設計でいつも悩ませ、空間をしばしば台無しにする展示空間を遮る可動壁は一切ない。さらに屋根を遮る空調設備のかわりに床下空調を床の端部に設けている。ジョイントのない大型サッシ。こうした高度な技術(そしてあきれるほどのコストも)をデザインに統合し、トラバーチン(大理石)で仕上げられた壁とガラス屋根のミニマムな空間を実現している。
 外部の庭園は建物のスパンに合わせて床面のパターンがデザインされ、高木や柳、苅込などの植樹や芝、ウッドデッキ、水路、そして彫刻が注意深く組織化されている。舗道や並木は建物内部へと意識を自然に導くと同時に、庭園をゆるく区切り、心地よいスケール感と動きを与えている。ランドスケープデザインは建築にくらべて造形自体よりも自然の法則を取り込んだシステマティックな側面をもっている。それだけに恣意的な造形よりも事象の存在そのものを体験しやすい。ふだん我々が夕日をみるだけで感動するように。館内よりも庭園の方が彫刻にオーラをもちえていたのは、何か建築の抱えるそうした問題のせいなのかも知れない。

Judd Tour: ダラス編(1) ダラス−渦巻ハイウェイ

 サンアントニオのモーテルをチェックアウトしたのは朝8時。早速ハイウェイに乗りこむ。これといって特徴のないロードサイドの郊外モールや農園を眺めながら車を進めて、丘の向こうに高層ビルが見えてきた。ダラスに到着したのは午前11時をすぎた頃だったと思う。
20040928-dallas1.jpg
 ダラスは隣町のフォートワースと空港をはさんで結ばれている。このダラス=フォートワース空港はノースウェスト航空や貨物などの中継地としてにぎわい、二つの都市インフラの中核となっている。(運賃もそれを反映し、たとえばボストンからシカゴに飛ぶ料金と、距離が倍以上かかるダラスまでの料金は同じ。)その周辺には、だだっ広く郊外モールやロードサイドの店がハイウェイ沿いに並び、さらにその奥には空港関係の倉庫や住宅そして農地が無作為にちらばっている。フォートワースにはルイス・カーンの名作・キンベル・ミュージアムと最近完成したばかりの(われらの?)安藤忠雄によるキンベル近代美術館がある。それと競うかのように、ダラスにはレンゾ・ピアノ設計のNasher Sculpture Centerが完成している。
 高層ビルの並ぶダウンタウンはループ状のハイウェイにぐるぐる巻きに取り囲まれ、車がないと都心にアクセスはどうも難しい。そのため、いったん車で入っても、そこに駐車場が必要となる。スピードが郊外の住宅と都心の距離感を一気に縮める反面、都心では人が疎外されていく。これは典型的なアメリカの大都市のパターンだろう。