Judd Tour: テキサスドライブ編/The Chinati Foundation (2)

9年ぶりのMarfa。
20040915-scape1.jpg
9年前は日頃からともに毎日のように居酒屋議論を重ねさせていただいた建築・美術評論家の大島哲蔵さんと思いつきで購入した航空券でロスまで行き、そこからとにかく車でアースワークを訪ね回る旅のハイライトがここMarfaだった。バーネット・ニューマンの絵画のように、延々と続く一本道を進み、ようやくたどり着いた。周りを荒野に囲まれたそこは、カウボーイハットをかぶった色黒のおじちゃんたちがいつもの仲間と酒を交わしながらスペイン語を話す素朴な地元の人たちの街だった。ただこの街はどこかそれまで訪ねた西部の歴史感ただよう街とは違い、どこか異彩を放っていた。
基地の街としてにぎわったこの街も、やがて軍が撤退するとこの街は静かな眠りに入っていく。その名残のように、装飾のないスパルタンな形の建物が建ち並ぶ。ミニマリズムとミリタリズムをゴロあわせしてミリタリー建築との類似さを思わず漏らすと、大島さんがそれをえらく気に入ったので、うっかり調子に乗ってジャッドのパートナーであり、財団のディレクターでもあるMarianne Stockebrandさんに両者の関係についてしつこく質問したことを思い出す。その後廃墟になっていく建物をDIAが購入し始めるが、経済的理由によりプロジェクトを中止。はしごを取られたジャッドは、その後紆余屈折を経て自力でこれを引き継いでいく。
かつてジャッドの作品はこの寂れた街で孤高のような強い存在感を放っていた。自らの評価を安易に社会に求めず、自身を強く確信し肯定しなければたどり着けない極致に自らをおいているがゆえに。彼自身の目でいくつかの建物を買い取り、歴史や場所の特徴を活かしアートのための空間にレストアしていく。そして廃墟と隣り合わせに野性的な空間が現れる。その緊張感にスリリングな強い魅力を感じ取り、いつかもう一度訪ねてみたいと思った。

・・・・・
20040919-drive2.jpg

しかしその数年の間に、街の様子が少し変わっていることに驚いた。
たしかに相変わらず、地元の人の車であろう、ムスタングやマーキュリーといった懐かしい車がタイムスリップしたかのように、おそろしくゆっくりしたスピードで行き交う。
しかし一方で、かつての古ぼけた空きビルにはアートと建築専門の本屋やカフェが並び、都会顔負けの味とインテリアのレストランが出来ている。かつてここで夜遅く食事とお酒を求めるには、たった一軒の古びたバーしかなかった。キッチンにぽつんと立っている初老のおばさんに僕らがジャッドのことをどう思うか尋ねると、彼女は静かに応えた。
「彼はニューヨークから来た人だからね。」今はそのおばさんも亡くなり、JOEという男に引き継がれていた。
20040915-building1.jpg
その発展ぶりは、Chinatiに来た観光客をあてがった消費カルチャーの浸透とも 言えるかもしれない。しかし、それにしても他のアメリカの多くのダウンタウンがゴースト化し、かわりに郊外のショッピングモールのような生活実感のない偽造の街が増殖していることなどに比べて、Marfaのように生活の中にアートが同居して既存の空間の魅力を引き出し、街に人が集まるような事例は、今日のアメリカではとてもレアなケースだろう。ジャッドがそんなことを決して意図しなかったとしても。
だがそのせいだろう、街の中にあるいくつかの彼の手がけた空間は代償として、以前のような孤高の野性的な生命力を失っていく。今後、周りの変貌にのみこまれて、結局、ツーリズムの陳列品になるのか、それとも独自の強度を保ちつづけるのか・・・ 今の時点では行く先をもうすこし見守る必要があるだろう。