Free Section/自由な断面

建物内部はガラスの屋根、壁に包まれている。その中に、大きな広場のような場所がある。まず建物の内部に入って目前に広がるのは、この巨大な吹き抜け、そしてその空中に浮かぶ各階のヴォリューム(建物の断面はこのリンクを参照)である…

12年前

Seattle Central Library

ハイウェイバスに乗ってはじめに見るシアトルの風景は、高架から見下ろす街の風景だった。 シアトルは海岸線に沿って細長くダウンタウンが伸びている。海岸から内陸に向かって坂へと上る港町。海と丘をむすぶように、グリッド状の街割が…

12年前

バスターミナル

マンハッタンには二つの大きなバスターミナルがある。 ひとつはマンハッタンのど真ん中42nd streetと8th avenueの交差点に面するPort Authority(公営)のバスターミナル・ビル(1950年完成)。…

12年前

Twisted Hips

New Yorkでは二つの興味深い建築家の展示会が行われている。 Guggenheim ひとつはGuggenheim(グッゲンハイム)美術館のZaha Hadidの建築回顧展。 この美術館独特の、らせんのスロープの展示空…

12年前

フィッシャー邸

卒業後、Cambridgeを離れてNewYorkで時間を過ごしている。 何度も来た街だけど、来る度にいつも新しい発見や出会いがある。 そんな期待が高まるのは、ボストンからハイウェイバスがBronxを抜けてQueensにさ…

12年前

the late show

ファイナルレヴューの大詰め。そんな明け方に時差を読んだように届いた一通のメール。 作品の善し悪しは、経験をつめばつむほど、わかるのですが、本当は、ますます わからなくなるものなのです。禅問答のようですが,,, だから,作…

13年前

Terence Riley / Postmodernism in modernism

MoMA建築部門のチーフ・キュレーターを今年3月まで務めたTerence Rileyの講演。 タイトルはPostmodernism in modernism。どこか懐かしい響きをもつタイトルだが、彼のこれまでのMoMAの…

13年前

my landlord

Wow ! I found my dear landlord on a website… The painter presented the orifinal painting to him and I se…

13年前

Spring Break

今週はSpring Breakという1週間ほどの休暇期間に入っている。そう、その名のとおり、春はもうそこまでやってきた。そしてここでの生活もこの休みを過ぎれば、秒読み態勢になっていくだろう。自分はそのまま勉強を続けつつ、…

13年前

On Urban Portrait

先週、今週とめまぐるしくEU、とくにスイス関係の建築家の話を聞くことが多い。ここBostonは人口58万程度の都市。にもかかわらず、ここにアメリカに限らず南米、ヨーロッパ、アジアといった方々からいろいろな人が来る。 先週…

13年前

Stefano Boeri Lecture

都市計画家・建築家のStefano Boeri(ステファーノ・ボエリ)がGSDでレクチャーを開いた。またその翌日、彼に個人的に会うことができた。 現在、ミラノに事務所をかまえる彼はDOMUS誌の編集長に就任し、これまでに…

13年前

morphosis/ Thom Mayne lacture at MIT

代理投稿pallaです。 例によって大量のスライド。今回は154枚もの画像が送られてきました。厳選するのも面倒なので全部載せます。よーわからんのもたくさん混じってますので、後日miyaちゃんのレポートを期待して待ちましょ…

13年前

anxiety

—It is not possible today to put forward a single definition of architecture. Today’s understandin…

13年前

Innovative Constructions in Japan

早いもので3月。 2月には校舎の一室でGSDの建築家講師陣が山積みになった応募者のポートフォリオを審査しているのを見かけた。そろそろ、GSDに応募した人には合格の通知が届くのもこの季節。合格率は9%程度らしい。応募された…

13年前

a signature of an architect

1月に早々と学業を終えて、就職活動にいそしむ友人に会うことが多い。早々と就職を決めた友人もいれば、NYや西海岸に行き先を求めて今も忙しくポートフォリオ作成と面接をしている友人もいる。気の早いドイツ人のMartinは就職も…

13年前

gsd-exhibit

代理投稿のpallaです。 なんかわからんが大量に画像が届きました。 後日、miya氏のフォローが入る予定です。 まずはご覧ください。(矢印ボタンクリックで次の画像に進みます) Hi, this is Miya and …

13年前

architects’ safari park

GSDでジャックとピエールにプレゼン、クリティックを受けた後、それまで手付かずだった先学期の授業の最終課題を学校で連泊して土壇場で連続提出。その後またトラブルにまきこまれながらも、なんとかスイスに飛んで帰国。年末からぶっ…

13年前

crash

Hi there, my laptop has seriously crashed yesterday and i am now typing with a school computer. (izen email wo…

13年前

Fluid Floor / Boston ICA

夕方、一本の電話。待ち人が来た。 ポルトガルのAires Mateus事務所にインターンしているyottakさんが冬休みを利用してNYを経由しHarvardまでやってきた。オランダのWiel Aretsに勤めるUme氏に…

13年前

american dream

こちらではまだ2日というのに、クリスマス以来閉鎖されていた大学の施設が開館された。 図書館にはけっこうな数の学生がいる。こちらの学生は本当によく勉強する。頭の良さは日本の大学もひけをとらないが、なるほどこのモチベーション…

13年前

Happy new year on TV

あけましておめでとうございます。 コメント欄にそのときのちょっとした驚きをすでに書き込みましたが、TV中継されたNYCタイムズ・スクエアのカウントダウンの様子です。 このときばかりは、どのチャンネルもブロードウェイが群集…

13年前

Enjoy Happy New Years Eve?

年末というのにボストンでは師走のようなせわしさがない。一応、元旦はどこの店も閉店するようだが、他の休日と極端に変わらない。昨年はニューヨークで新年を楽しく祝ったのがつい数日前のことのようだ。 で、今年はボストンである。

13年前

シュミラクルと構想力

翌朝9時から早速、2人の親分の好意で、Santa Cruz市街にある彼らの建設現場を訪ねた。

13年前

In Santa Cruz :風景の裏側

虹がホテルの屋根にかかる翌朝9時、ピエールがホテルに到着。ジャックはマドリッドのコンペにプレゼン後、カナリア諸島のランザロッテ島に滞在しているが、空港閉鎖で動けないという。島どうしを結ぶ交通網全域が麻痺しているようだピエ…

13年前

Black Out

船はずっと大波に揺れっぱなしで、ビールも紙コップからこぼれてしまった。空になったコップをゴミ箱に捨てると、夕闇の中に対岸の都会の灯りがぐんぐん近づいていた。1495年スペイン人がテネリフェ島に入植して名づけた「聖十字架」…

13年前

Holidays in the sun

車はLas Palmasの市街地を抜けたかと思うと、高速道路にのって一気にひからびた荒地に出る。その向こうには緑に包まれた高地がこちらを見おろしている。半径20キロ程度のコンパクトな島は、起伏が激しく高低差によって気候も…

13年前

In Las Palmas

話は4週間ほど前にさかのぼる。スイスから帰国して2週間ほど後の夕方、JacquesがGSDに一人やってきた。ここで我々GSDのリサーチチームの進捗状況を確認し、カナリア諸島の現地調査の方向性を話し合った。

13年前

TAKING RISK

\ Risky projects’ odds of succeeding increase with wholehearted commitment. Therefore, back projects that have…

13年前