Judd Tour: サン・アントニオ編 (2)―テーマパークとダウンタウン

サン・アントニオ。平日とはいえ、ダウンタウンは想像以上にたくさんの店のシャッターが降りっぱなしになっていて、閑散としている。にぎやかなのは、観光客をあてがった運河沿いの繁華街だけのようだ。テキサス有数の観光都市。中心街の旧運河をレストランやバー、その背後に大型ホテルと駐車場が囲む。
運河に人が集まるほど、駐車場や大型ホテルはダウンタウンの各地に上陸し、そのエリアを単なる裏庭的なものへと魅力を損なっていくという悪循環にあるようにさえ思える。
対照的に運河のエリアは趣向を凝らしたヒューマンスケールのストリートデザインがなされて、蛇行する運河にはゴンドラが往来し、観光客を飽きさせることがないようにしている。そのニセモノ感いっぱいの街をひとまず地ビールとメキシカンフードで楽しむ。そのスケール感といい、イメージといい、博多のキャナルシティ(設計:ジョン・ジャーディ、企画:浜野研究所)はここを参照してデザインしていることはほぼ間違いないだろう。しかしここではそれがより大規模に街の中心を占めている。運河沿いの建物の皮一枚向こうの街区とはなんの脈絡もないインテリア化された街である以上、ショッピングモールとそれほどの違いがあるわけでもない。ゾーニングによって計画され、生活が欠落したこうした街区では、自身を更新していく力を失い、内向化し人をそこから疎外していく。

20040923-Legorreta2.jpg
20040923-Legorreta1.jpg

レゴレッタの設計した市立図書館はそうした人気のない中心街のエッジに位置する。周囲は立体駐車場や病院に囲まれ、観光にはさほど魅力のないロケーションにある。そうした場所でこの建物は上下左右に凹凸の身振りをして、周囲の視線を引き込んでいる。この建物の色彩はレゴレッタ特有で、周辺の環境から建物を際だたせているが、しかしマッシブな壁のデザインや吹付モルタルのテクスチャーと相まって、伝統的なイメージを彷彿させる。壁の凹面は深く刳り抜かれ、テラスや空中庭園が作られている。そのさらに奥はガラスの大きな開口を通して強い日射を遮り、建物内部の様子を外部に発信している。
庭園から建物内部に至るシークエンスも完成度が高い。庭園に自立する列柱と植栽が平行に走り、玄関ポーチへ自然と人々を招く。天井を低く抑えたエントランスを抜けると1階の受付の奥に色彩豊かな吹き抜け空間がちらりと見える。誘われるエスカレーターを上って吹き抜け空間へ。トップライトをもつ壮大な吹き抜け空間からはギャラリーや図書室、閲覧コーナーなどでのさまざまな空間と活動が現れる。
この建築は大スパンの開口や吹き抜けなど、大きな空間を間延びすることなくリッチな空間として体験できる。それは、ヒューマンスケールの空間や、空中庭園やテラスを通して差し込む光や色彩、そして開口にフレーミングされたサン・アントニオの風景が一連の空間体験の中で相乗効果として連携しているからだろう。吹き抜け空間などの多目的で都市的な空間は市民にも非常に人気が高い。かえってそうした状況が、この都市に欠落しているものが何であるかを物語り、またそれを建築家がいかに補完しようと意図したのかが伺えた。
ただ一つ・・・・同じ頃、カタルニア人(この地方の多数がスペインからの独立を運動しており、彼もその一人なのでそう呼ぶ)のメキシコにリサーチに出かけていた。バルセロナでランドスケープデザインを勤めてきた彼は、一連のルイス・バラガンとレゴレッタの作品を調査して回った。その後日談によれば、レゴレッタの作品はほとんど全くといって良いほどバラガンのコピーないしは大規模建築に拡大コピーしていたという。濃縮されたバラガンの空間は、物体そのものを見るというよりも、光や気配を通してその存在を感じるといったほうがよいほど、感動的だったという。それに比べて・・・たしかに、アプローチから内部の部屋に至る空間のドラマのあらましは無批判にほとんど同じで、レゴレッタのオリジナリティを見つけるのは難しいかもしれない。しかし、村野藤吾が語ったように、真似もまた非常に難しい、ということはせめてもの救いかもしれない。