Zaera polo-Pollalis

yokohama
Pollalisのスタジオを取っているKEI 氏との雑談。MIDタームも楽しく(?)やつれて終わりを迎えているこのごろ・・・。
そういえば横浜フェリーターミナルで知られるFOAのAlejandro Zaera-Polo氏は、GSD出身で知られるけれども、ポラリスのスタジオを取っていたとか・・・ポラリスいわく、「彼は僕のスタジオのときもなかなか良いデザインをしてたよ」とのこと。どんなデザインだったかは聞くに及ばなかったが、ポラリスは橋梁のデザイナーとして知られており、(デザインはともかく)そこに建築とエンジニアリングの臨界面を見ようとしている。橋のデザインは横浜フェリーターミナルといろいろな意味で共通項をもち面白い。それは往来の用を満たすものでもあり、環境的シンボルでもあり、都市的計画的な公共的側面をもつ。
今年の彼のスタジオもまた、パビリオンを付帯する橋梁のデザインであるが、断続的な空間が建築的に構成されたデザインよりも、橋梁という特質をつかみ流れるような空間に評価が下されているようだった。
そうした中には生物学的な自然の有機的造型を橋梁の構造デザインに応用するという、グレッグリンを思わせる(?)デザインを発表する友人もいたが、クリティックから「建築は自然の多様な事象から秩序を抽出したものであり、自然現象の直接的な応用はどうか」との回答。秩序とは必ずしもユークリッド幾何学的なものには限らず、構造上の幾何学を成り立たせる数学的旋律のようなもののことをいうだろう。
ともあれ、ザエラ−ポロの話を知ってどことなく口元が嬉しそうなKEI氏であった。ところで僕が大阪にいた頃は「難波のガウディ」さんとか、「和製○○」さんとか、本人も当惑するレッテルが多く、しかしどことなくそれは文化的コンプレックスまるだしを愉快な笑いに転化するご愛嬌でもあった。今後も「なにわのレム」「和製ポロ」というのがないとも断言できない。「アメリカン・ガウディさん」「米製××」なんてのはあるのだろうか?
ちなみにKEI氏も帰国後の事務所は実家の関西にしようか悩んでいるという・・・。がんばれKEI氏。
PS
生物が造る建築のおもしろサイトはいろいろある。
たとえばここ↓なるほど・・・。
http://www.gaiagroup.org/Research/RI/animal_arch/
・・・久しぶりにAfrica Bambaataa “Time Zone”聴いてしびれてます。この頃のジョン・ライドンはかっこいい。
yokohama gate

「Zaera polo-Pollalis」への1件のフィードバック

  1. 最近の太ったジョンらいドンとか、コメディアン転向?とかもやっぱりかっこいいです。芸術家だなぁ・・・

コメントは停止中です。