デジタル・アーキテクト

昨日はGSD(建築、アーバンデザイン、ランドスケープ、ドクターコース)の留学生が一同に集まり顔見世となった。全学生数の1/3が留学生とのことで、一見国籍もさまざま。しかしカナダを除けば、EUからはギリシャやスペインなどの周縁から来た学生が目立つ。東欧は皆無。アジアでは韓国人が最も多く、次に台湾。日本は見たところ7人程度だった。中国も日本とほぼ同じくらいだが、建築よりもアーバンデザイン関係が多いようにうかがえた。各国の経済状況やアメリカとの関係を反映しているのだろう。シリアから来た建築コースの学生からいきなりCGのソフトは何を使うのか?と聞かれて戸惑ったが、実作も特にない中でCGの表現能力がなによりウェートを占めていくというのはいまどきの典型的な事象なのだろう。
隣のMITではコンピュータに傾倒する傾向はさらに強く、今度はそうしたデジタル・アーキテクトを集めて大規模なカンファレンスをする。講演者はデコイ、グレッグ・リン、NOX、アシンプート等、その分野ではおなじみの建築家のメンバー。スポンサーはベントレー(Micro Stationでおなじみ)。このMITイベントのサイトはここ
ただ、こうした傾向はひとつのトレンドで、PCを使ってにぎにぎしくやっているけれども、結局展覧会なんかで自給自足してスペクタクルを繰り返し、消費し尽くしたあとは何も残らないのないかもしれない。たしかにポンピドーセンター最上階のレストランはそうしたデザインの成功例といえるのだが、それも商業インテリアという性格ということを思うと無条件に肯定するのは難しい。
ともあれ、入場無料なので何をしているのか、時間あればちょっと覗いてみるつもり。興味深いものであればまた報告しよう。